経営理念・社長挨拶

ヤマネノシゴト = 絶対的信頼を築く

ヤマネの経営理念

顧客が安心し、信頼して注文できるよう営業活動からアフターサービスまでを含め、顧客が満足度を持てる製品及びサービスを提供する。

ヤマネの経営ビジョン

顧客要求事項への適切な対応と重点志向及びPDCAプロセスの徹底により、製品品質を確保する。技術開発・改善活動を進め、品質の向上及び業務の効率化を図る。

ヤマネの経営目標

ヤマネは建築・不動産におけるワンストップ企業として地域オンリーワンを目指す。
まずヤマネグループ全体で2年後に売上高48億を目指す。そのためには多角的な経営を行いそれぞれの事業規模を拡大する。そしてまたストックビジネス等を用いることで経営の安定化を推し進め、また資源を効果的に機能させるため事業の集中化と選択を進める。

ヤマネの経営(品質)方針

個々の人間力を向上させ、また組織は最大の効果を引き出すために人材マネジメントの最適化を図る
個々がハード・ソフト技術をともに向上させ、また積極的なチャレンジにより進化を図る。
そしてそのために組織として全面的な後ろ盾となる。
ニーズに対応した提案力の強化。
建築関連事業を多角化に進めながら、同時に事業の選択を行い、資源の集中化を進める。
グループ企業の売上高と利益額の増大。
不動産の所有と積極的な運用を行う。
企業として安全管理・環境保全・地域貢献・コンプライアンスを充実させる。

社長挨拶

明治35年の創業以来、当社は川崎の地において一歩一歩ではありますが確実に歩んでまいりました。こうして創業100年を超えた今も社業を行えている事は、すべて地域の皆様のおかげだと心から感謝申し上げます。かつて、創業者の山根峯太郎は南部鉄道(現JR東日本南部線)を敷設するために12名の発起人のうちの一人として、尽力したと伝えられています。そして山根組を創設し、多摩川の堤防や道路整備などの土木工事から、戦後は復旧住宅などを手掛け、高度成長期には商業ビル、住宅建築、そして公共建築などを手掛ける建築会社となりました。日本の発展、川崎の発展と共に当社も成長していくことが出来たと言えます。しかしながら、近年においては失われた20年とも呼ばれる厳しい時代の中で、また、インターネットに代表される情報化社会の中で企業の在り方は急速に変化を続けています。こうした背景の中でも当社は元気企業であり続けたい願います。そのためには、「経営理念」「行動方針」をしっかりと認識し、新たな第一歩を踏み出して参ります。またお客様はもちろん、地域の皆様からも、さすが「ヤマネノシゴト」は良い仕事をすると言われ続けるために一生懸命に努力を重ねて参ります。どうぞ、これからも山根工務店をよろしくお願い申し上げます。

株式会社 山根工務店
代表取締役 山根 崇

ヤマネって?

  • 経営理念・社長挨拶
  • 会社概要
  • 会社沿革
  • 品質管理
  • 女性活躍推進について

ヤマネノゴト トップへ