社長の日記

2020年11月19日

宇宙開発(M.N)

| コメント(0) |

 野口聡一さんら飛行士4人を乗せた新型宇宙船が米国で打ち上げられ、1日以上かけて国際宇宙ステーションに無事到着したようだ。

 

 野口さんの宇宙飛行は3度目。ステーションに半年滞在し、人口多能性幹細胞(IPS細胞)を使った実験などに取り組むそうだ。55歳になり大変なこともあろうが、宇宙の奥深さ、それを全人類のために探求する意義をぜひ伝えて欲しい。

 

 今回は民間初の有人宇宙船。米航空宇宙国(NASA)の委託で開発した米企業は、機材を繰り返し使用することでコストを下げ、ビジネスとしての宇宙飛行も視野に入れているそうだ。今後、宇宙開発の商業化が加速するだろう。




コメントする


(スタイル用のHTMLタグを使えます)
 
 

November 2020

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

バックナンバー