社長の日記

2020年5月25日

責任(S.Y)

| コメント(0) |

  私に責任が有るという言葉は、有事の時には私が責任を取ると云う事。例えば部下が大いに顰蹙を買う様な失敗をしたとき、今後そのような事が起き無いように十分注意をして事に当たります。というのは責任を取ったことにならない。    そんな事普通の大人なら誰でもわかる事。ところがそんな事も分からないで、私に責任が有ると繰り返す。そう言えば責任を取った事になるとでも思っているのか、実に重み...

>>この記事へ

2020年5月25日

故郷を思い出す(M.N)

| コメント(0) |

 生活に歌は欠かせない。心弾めば好きな曲の鼻歌がもれ、気落ちのときに救われる場合があります。自宅で入浴中、ウオーキング中にも口ずさみます。    長年にわたり愛される名曲の曲調と歌詞には、気鬱を晴らす効果があります。国民的作曲家、小関祐而氏は早稲田大学応援歌「紺碧の空」に「オリンピック・マーチ」をはじめ、阪神タイガースの歌」などを作曲。    オリンピックが来年に延期となり、夏...

>>この記事へ

2020年5月16日

自粛緩和(M.N)

| コメント(0) |

  連休中、ぶらりと近所の書店に立ち寄ると、レジに長い行列ができていたんです。もちろん間隔を空けてですが。こんなに繁盛していたっけ。と驚きましたが、「コロナ自粛」の時間つぶしには読書がもってこいということかと納得しました。    公園の前を通り掛かると、幼い息子に自転車の乗り方を教えている父親を見かけました。後ろから自転車を押し「背筋を伸ばして」などといっているのでしょう。子ど...

>>この記事へ

2020年3月26日

おめでとう(M.N)

| コメント(0) |

   新型コロナウイルスの感染拡大防止で、突然の休校措置など教育現場が今回受けた影響は大きい。そんな混乱の中にありながら、無事、どの小学校、中学校も卒業式を迎えられ、ほっとしました。    新型ウイルスの影響で、いつものように行事ができなくなっていても、いつものように春はやってきます。人生の節目の一つを迎え、大人への段階を一つ上がった卒業生へ「おめでとう」の言葉を贈るとともに、未曾有の状...

>>この記事へ

2020年3月19日

パンデミック(S.Y)

| コメント(0) |

WHOがパンデミックを宣言した。日本だけ見ると収束は時間の問題に思える。大元の中国でさえ今のところ数で云えばトップであるが、収束に向かっていると言う。   しかるにヨーロッパや中東に於いては出遅れと言う言葉は適当ではないが、時間的には遅れて感染が拡大し、死者も桁違いに増加している。   発表された数字だけ見ると、致死率も当初言われていたものよりずっと高い。分母の感染者数の把握が...

>>この記事へ

2020年3月19日

新型コロナウィルス去ってくれ(M.N)

| コメント(0) |

 大相撲の大阪場所をテレビで見ている。普段の場所であれば、観客で埋まっているはずの桟敷席が空っぽというのは、何ともさみしい。最前列や通路に陣取る相撲協会の関係者も、どこかやりづらそうに見えます。    音もいつもと違います。普段ならば歓声や拍手にまぎれてしまうはずの力士の足ずりの音が聞き取れます。横綱の土俵入りでは、観客に静粛にするよう促す行司の「しー」という声が最初から静かに館内に響いて、ユーモ...

>>この記事へ

2020年3月11日

冷静さが必要(M.N)

| コメント(0) |

 経験のない大きな揺れで電気や水道、通信などのインフラが途絶した9年前の3月11日は、しばらく社会の動きが止まったように感じました。その日を生きるため、誰もが食料や燃料の確保に賢明だったことを思い出します。    震災の頃ともやや違う閉塞感が社会を覆っています。新型コロナウイルスの感染拡大でイベントの中止や延期が相次ぎ、学校は春休みを前に臨時休校。感染したり、広げたりすることを警戒し、い...

>>この記事へ

2020年3月 6日

高齢者の運転事故(S.Y)

| コメント(0) |

前橋市の県道で87歳の男が車を運転中に、女子高校生を撥ねて死傷させた事故に対し、3月5日に前橋地裁で判決が言い渡された。事故直前に男が意識障害を起こしており、前もってそれを予測することは不可能であったと云う事で「無罪」の判決であった。    意識障害を起こしていては事故が起きるのは当然かも知れないが、怪我をした人や命を亡くした人の関係者にとっては割り切れないものが有っただろう。  意識障...

>>この記事へ

2020年2月25日

不規則発言(M.N)

| コメント(0) |

国会では「野次」のことを「不規則発言」と呼ぶそうだ。衆議院予算委員会の冒頭で、安倍首相は「不規則発言は厳に慎むよう、首相として身を処していく」と早口で謝罪された。    「タイは頭から腐る」との野党議員の政権批判に「意味のない質問だ」とやじられた。首相いわく「罵詈(ばり)雑言」が腹立たしかったようだが、大人げない。同様の場面を何度も見た。    閣僚らの失言や不規則発言に慣れた...

>>この記事へ

2020年2月19日

偉大なプロ野球選手逝く(M.N)

| コメント(0) |

 プロ野球400勝投手金田正一さんは、スパースター長嶋茂雄選手のデビュー試合で4三振を奪った金田投手は、国鉄から巨人に入り、熊本出身の川上哲冶監督の下で不滅のⅤ9に貢献した。    野村克也さんは選手やチームに関する洞察には説得力あった。著書「負けに不思議の負けなし」では、監督は選手を叱るのとほめるのが仕事で、選手は監督の叱り方やほめ方を見ながら指揮官を理解すると指摘、「信念に基づく大目...

>>この記事へ

May 2020

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

バックナンバー