社長の日記

2019年9月12日

初級者の碁(S.Y)

| コメント(0) |

囲碁は碁盤と白と黒の石を使う真にシンプルなゲームでありながら、簡単には理解できない。そして簡単には強くなれない。面白さが分かるのに天才は別として普通は年単位の時間が掛かる。それが馴染めない大きな理由だろうと思われる。   そんな囲碁を扱ったエッセイ集が出た。SF作家・新井素子の[素子の碁~サルスベリがとまらない]と言う本である。囲碁知識ゼロからの夫婦のドキュメンタリー的エッセイ集である。...

>>この記事へ

2019年9月12日

コンビニの行方

| コメント(0) |

 住宅街にあるコンビ二は、午前1時を過ぎると客の姿が余り見られないようだ。周りに街灯は少なく、店の明かりだけが輝やいている。今や当たり前となった。    大手チェーンによる時間短縮の動きが相次ぎ業界は転機を迎えている。閉店する時間帯があっても問題がないかを、確かめる試みが始まったようだ。既に取り組み中の会社は24時間ではない店を増やすそうだ。別の会社は定員の負担を軽くするため、客が自分で会計を済ま...

>>この記事へ

2019年9月11日

大相撲(M.N)

| コメント(0) |

大相撲は翌日未明のNHKのダイジェスト版を見ている。一番好きな相撲取りは安美錦関だった。英姿を見たのは幕内に返り咲いた昨年の夏場所だったが毎場所十両の成績に一喜一憂した。    勝負後の変わらぬ表情が好きだった。特に勝負後は、それが涼しげに見えた。騒ぐな、当然の結果だろうと言っているように見えた。  このごろは勝ち負けで表情が異なる力士が増えた。鼻の穴を膨らませるのはいい方で、小さくガッツポーズを...

>>この記事へ

2019年9月 5日

カタカナ語(S.Y)

| コメント(0) |

2000年代になってカタカナ語が急激に増えた気がする。最大の原因はコンピューターの発達と社会への浸透ではないか。コンピューター用語は殆どカタカナ語であり、今や社会活動の殆どがコンピューターに支えられていると言っても過言ではない。   スマートと言う言葉がある。もともとは「かっこいい」と言う意味で使われていたと思うが、スマートハウス・スマートシティ・スマート車などと言うと、ITやIOTなど...

>>この記事へ

2019年8月29日

高校野球(M.N)

| コメント(0) |

 日本中の熱い視線を集めた甲子園大会は、履正社(大阪)が今大会屈指の好投手を要する星稜(石川)を破り、春夏を通じて初優勝を果たし閉幕した。改めて高校野球の素晴らしさを堪能させてくれました。    全国3730校の激戦を勝ち抜いた49校の激突は、テレビ観戦を通じて"一喜一憂"しました。猛暑の中、躍進する選手たちの鍛えられた体力、気力は老年の衰えた身にはうらやましい限りだった。  ...

>>この記事へ

2019年8月24日

ラグビーワールドカップ(M.N)

| コメント(0) |

 アジア初開催となるラグビーのワールドカップ日本大会は開幕まで1ヶ月に迫った。初のベスト8入りを狙う日本代表は「史上最強」の呼び声もある。    ラグビーは日本語で「闘球」と表記される。体と体がぶつかり合う激しいスポーツで、その表現がぴったりくる。体格で劣る日本は組織力で外国のチームに対抗してきた歴史があるという。    「1人はみんなのために、みんなは1人のために」。ラグビー...

>>この記事へ

2019年8月19日

東京五輪(M.N)

| コメント(0) |

  東京五輪まで1年を切った。来年の競技日程をながめていたら、無事に開かれるのかという不安も高まってきました。最大の心配は、やはりこの暑さ。チケットの初回抽選で盛り上がっていたころはあまり気にしなかったのですが、この時季の日本で開催する五輪は、選手も観客も相当な覚悟が要るようです。    もう一つの大きな理由は国際的な安全保障環境の悪化です。日韓関係は悪化する一方。竹島周辺では...

>>この記事へ

2019年8月15日

お節介(S.Y)

| コメント(0) |

小さな親切か、大きなお世話か。人の事を気にする身分でもないのに、ついやってしまう。 30歳をだいぶ過ぎたのに、女友達の一人も居なそうな甥に、見合い写真を見せて曰く、「男は所帯を以て一人前」。反応なし。   後継者問題に悩んでいる社長に、相談に乗ってくれる機関があると言いに行ったり、先日は、100キロも離れた場所で別々に働いている40代の夫婦に、川崎にだってご主人に向いてる職場があるはずだ...

>>この記事へ

2019年7月29日

高齢者ドライバー(M.N)

| コメント(0) |

 信号が青に変わっても発進せずに停車したままだったり、緩いカーブを大きく膨らみ対向車線にはみ出したり。ドライバーの顔を確認すると年配の方だった、というケースが最近多いように感じる。    高齢者の運転による暴走事故が多発しているために、お年寄りの運転に特に注意がいってしまい、こちらが過剰に不安視しているだけかもしれない。いずれ、年を取ると認知機能の劣化で少なからず運転に支障が出る可能性は...

>>この記事へ

2019年7月20日

スポーツの街川崎(S.Y)

| コメント(0) |

ウィンブルドンのジュニアの部で川崎出身の望月慎太郎君が優勝した。日本人としては初めての快挙である。また川崎の名を上げてくれた。テニスと川崎とは過去に縁はないし、思ってもみなかったことだ。   川崎市立富士見中学出身だというから幕内力士の友風の後輩になる。友風関も現在名古屋場所で大活躍中だ、昨日も横綱鶴竜に勝ち、初金星を上げた。優勝はないが殊勲賞は間違いないだろう。   そして頑...

>>この記事へ

September 2019

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

バックナンバー