社長の日記

2018年7月14日

好敵手(M.N)

| コメント(0) |

 ライバルには2種類ある。好敵手と仇敵(きゅうてき)である。実力に過不足なく互いに認め合い、高みを目指すのが好敵手ならば、憎しみを持ち相手を倒すことに傾注するのが仇敵だろう。    西郷隆盛と大久保利通2人は好敵手から最後は仇敵関係に変わるライバル。西郷は大久保の協力を得て討幕運動のトップの一人になったものの、最後は同志に担がれて大久保らの明治政府に反旗を揚げ葬られた。    ...

>>この記事へ

2018年7月11日

二八の涙月(M.N)

| コメント(0) |

2月と8月は商売の売り上げが少なく、大変苦しい月であるということを意味する言葉です。なぜ2月と8月なのでしょうか。2月は正月に、8月は盆に出費がかさんだ影響で、商売がふるわないからという説が有力なようです。    2月と8月はゆっくり休みなさいという教訓にも受け取れます。2月と8月はなぜか名コンビです。「二八月に思う子船に乗すな」といった諺があります。2月と8月は天候が変わりやすく、海が...

>>この記事へ

2018年7月 9日

トランプ(S.Y)

| コメント(0) |

ドナルド トランプは大統領としての資質に欠けている。思考の末の選択ではなく、思い付きで施策を決めている。アメリカを良くない方へ向かわせているばかりか、世界の多くの国にも悪い影響をもたらし、世界が良くない方へ向かわせている。   誰がやっても難しいだろうが、少なくても思い付きで出来る状況にはあるまい。事業であれば、失敗しても自分が被ればいいだけの事だが、国の舵取りはそうはいかない。思い付き...

>>この記事へ

2018年7月 2日

裁判官(S.Y)

| コメント(0) |

日本では一般人で裁判を経験したことがある人はあまり多くはない。離婚訴訟とか相続争いとか昔に比べたら訴訟に持ち込むことは多くなってはいるが、その訴訟で裁判官がどうだったかなど判断するまでには到らないだろう。   弊社でも30年以上前には裁判沙汰になる事は殆ど無かったが、近ごろは数年に1度くらい、瑕疵に対しての見解の相違による訴訟や、立ち退き問題で訴訟になる場合がある。勝ったこともあれば負け...

>>この記事へ

2018年6月28日

コミュニケーションの大切さ(M.N)

| コメント(0) |

 以前からなぜサッカーの日本チームに外国人の監督が登用されるのだろうかという疑問がつきまとって離れなかった。チームワークをつくるのも作戦を指示するのも媒介は日本語であるべきだ。    通訳を交えた外国語でコミュニケーションが円滑に行われるのだろうかと誰もが考えたと思う。だが調べてみると、初の外国人監督となったオフト氏以降12人中日本人が就任したのは4人だけだ。(1人は再任)  ...

>>この記事へ

2018年6月21日

地震情報(M.N)

| コメント(0) |

 地震速報が出ると反射的に「津波は?」と一瞬にして関心が移る。近畿地方で起きた先日朝の地震は一部で震度6弱を記録しただけに思わずそれを心配したが、ほどなく「津波の心配はない」と告げられてほっとした。    地震列島のことだから地震は不可避でも、津波だけはご遠慮いただきたいものだ。津波の有無をどのようにして判定するのかいつも感心しているのだが、海底が震源で、しかも浅いと津波が発生するメカニ...

>>この記事へ

2018年6月13日

米朝首脳初会談(S.Y)

| コメント(1) |

世界中が見守る米中首脳会談。どのように評価する?アメリカ国内での評価は割れているようだ、北朝鮮国内では概ね 好評価と言われる。その事から判断すれば北朝鮮側に有利な結果であったと言えるのではなかろうか。   米朝会談の条件は「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」と言われ続けており、一度は取り止めされたにも拘わらず、予定通り行われ、結果的には北の言い分がより多く通った感があることからすれば、...

>>この記事へ

2018年6月12日

旧友と雑談(M.N)

| コメント(0) |

 たくましさから言えば雑草は大関、横綱クラスだろうか。冬の間は衰えていた勢いをすっかり盛り返している。踏まれても刈り取られても、いつの間にやらあちこちに伸びてくる。    旧友と高校を卒業するなどした若者に、社会に出る前の例えば、1年間の一定期間、介護現場で働いてもらう仕組みはどうだろうかとの雑談をした。「福祉の徴兵制」と呼んでいたが。    必ずしも自分の意思には沿わない環境...

>>この記事へ

2018年6月 6日

公文書改ざん(S.Y)

| コメント(0) |

森友・加計問題は一向に静まる様子を見せない。大阪地検による捜査は不起訴と言う結論で幕を閉じた。そのことについても批判の声は大きく、今後検察審査会による判断に移行すると思われる。   大阪地検の判断に意を強くしたのか、国会での追及に対し大臣は、「改ざんと言うような悪質なものではなく、単なる書き換えに過ぎない」と居直り、動機はいったい何なのかと言う質問に対しては「それが分かれば苦労はしない」...

>>この記事へ

2018年6月 4日

新入社員を励ます(M.N)

| コメント(0) |

 新入社員もどうにか仕事に慣れ、次の段階へステップアップするころでしょうか   とはいえ、新しい環境に馴染めず、また、じめじめした気候が体調を崩したり、弱気を植えつけたりすることがあるものです。このように考えると6月はあまりいい時季とはいえません。    6月は"水の月"といわれ、水を田に注ぎいれる月を表し、秋の収穫に向けて大事な時期といえます。また、ジューン・プライド(6月の...

>>この記事へ

July 2018

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー