社長の日記

2020年2月19日

偉大なプロ野球選手逝く(M.N)

| コメント(0) |

 プロ野球400勝投手金田正一さんは、スパースター長嶋茂雄選手のデビュー試合で4三振を奪った金田投手は、国鉄から巨人に入り、熊本出身の川上哲冶監督の下で不滅のⅤ9に貢献した。

 

 野村克也さんは選手やチームに関する洞察には説得力あった。著書「負けに不思議の負けなし」では、監督は選手を叱るのとほめるのが仕事で、選手は監督の叱り方やほめ方を見ながら指揮官を理解すると指摘、「信念に基づく大目玉はチームに不可欠」と断言している。

 

 一方で、選手の性格をふまえた指導も忘れない。生真面目で内省的なタイプは「ほめて、おだてて、その気にさせるしかない」。監督時代、伸び悩む選手らを立ち直らせ、「再生工場」と評された。

 

 負けをどう勝利に転化させるかを常に考え続けたとも語っていられる。人や組織を生かす観点で野球を見る面白さを教えてもらった。




コメントする


(スタイル用のHTMLタグを使えます)
 
 

February 2020

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

バックナンバー