社長の日記

2018年9月

2018年9月13日

自民党総裁選(M.N)

| コメント(0) |

 自民党総裁選は数々のドラマを生み出してきた。1956年、本命の岸信介氏が1回目の投票で過半数を得られず、石井光次郎氏と、2,3位連合を組んだ石橋湛山氏が決選投票で岸氏を僅差で破り、総裁の座を射止めた。    党員による予備選挙が初めて行われた78年は、福田赳夫首相が田中角栄氏の支援を得た大平正芳氏に敗れた。福田氏は「天の声にもときには変な声がある」の言葉を残し、本選を戦うことなく退いた...

>>この記事へ

2018年9月12日

テレビの無い生活(S. Y)

| コメント(0) |

現在テレビの無い、正確に言えばテレビが見られない生活を送っている。アンテナ設備がどうとかで、テレビ放送が見られない状況にある。如何にテレビと共にあった生活だったか思い知った。朝食でも夕食でも、まずテレビを付ける。ニュースと天気予報は必須である。   興味のない番組の時は新聞の見出しを浚ってゆく。食事時以外でも、スポーツ観戦は好きなので積極的に見る。ただし、野球とサッカーと最近ではゴルフも...

>>この記事へ

2018年9月10日

スポーツ界不祥事一掃を(M.N)

| コメント(0) |

 ボクシングやレスリング、体操などスポーツ界で、不祥事が相次いでいる。いずれの問題も、2020年の東京五輪への出場が大きく影響していると思う。    スポーツ庁が設置されて、多額の五輪関連予算が組まれた。五輪は商業化が進み、メダル獲得選手には報奨金も出されるそうだ。各種の競技団体に利益誘導が生まれる恐れがある。    五輪予算を配分している国は、一連の疑念の払拭に指導力を発揮し...

>>この記事へ

2018年9月 6日

社会常識・モラルを身につけよう(M.N)

| コメント(0) |

 一端は「事実無根」と否定し、弁解し、強弁しても隠し切れないと分かると観念して最後は認めるという「切羽詰まった」対応を迫られるようなことだけはしたくないものだが、そんな例が最近やたらと増えたような気がする。つまり世の中は嘘をつき通すのが困難になったようなものだ。自戒せねばならない。    ここ2、3年政治家や芸能人のスキャンダルがやたらと目につくのは、まさに情報化の時代だからでもあろうが...

>>この記事へ

October 2018

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー