社長の日記

2018年4月 2日

エイプリル・フール(M.N)

| コメント(0) |

 4月1日は「嘘をついてもよい日」として知られている。エイプリル・フール・デイ(April fool day)です。なんとも不思議なこの習慣のルーツについては、アジアを含む世界中にいろいろな説があるようです。

 

 その中で最も主要な説は、フランスのグレゴリオ暦採用がルーツというものだそうです。フランスでは新年を4月1日として、祭りを開催していましたが、1564年に国王シャルル9世により、1月1日を新年とするグレゴリオ暦が採用されました。それに反発した人々が4月1日を「嘘の新年」として馬鹿騒ぎをするようになったというのです。

 

 この習慣が日本に紹介されたのは古く江戸時代からで、当時は「不条理の日」といい、普段付き合いや義理を欠いている失礼をわびる日とされていました。その後、軽い悪戯で嘘をついたり、人をかついだりしてもとがめられないという風習が18世紀頃から欧米で起こり、日本にも大正時代に伝わったきたようです。

 

 嘘は嘘でも、あとで笑えるユニークなものや、悪気のない嘘にとどめておきたいものです。




コメントする


(スタイル用のHTMLタグを使えます)
 
 

April 2018

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー