社長の日記

2018年3月 5日

冬来たりなば春遠からじ(M.N)

| コメント(0) |

 「やるだけのことはやってきた」「自分を信じて、頑張るしかない」。受験生の言葉だ。国公立大入試の2次試験の前期日程が終わり、大学受験シーズンも終盤に入った。普段の実力を発揮し、目標にたどりつく人もいれば、緊張のあまり実力が出せなかった人もいることだろう。

 

 受験と同様、スポーツの祭典も結果はさまざまである。冬季としては史上最多となる13個のメダルを獲得し、帰国した選手団は皆、晴れやかな表情だった。それでも、目指す色ではなかった、というメダリストもいれば、わずかに届かなかった選手もいる。

 

 「まだ目標にたどり着けない自分がいる。新しい目標がはっきりした」  2大会連続の銀メダルだったスノーボードの平野歩夢選手は前向きな言葉で大会を振り返っていた。

 

 受験やスポーツに挑み失敗や挫折を味わっても、次につながる収穫はあるはずだ。「春遠からじ」。挑戦する人すべてにこの言葉を贈りたい。




コメントする


(スタイル用のHTMLタグを使えます)
 
 

March 2018

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー