社長の日記

2018年2月26日

感動の金メダル(2)(S.Y)

| コメント(0) |

 女子パシュート(団体追い抜き)の金メダル。この種目は日本ではあまりポピュラーな競技ではないが、日本チームは最近になって世界戦で勝ち続けており、しかも走る度に世界記録を塗り替えているというニュースが報じられていた。

 

 平昌オリンピックで実際の競技をテレビサイドではあるが見る事が出来た。準決勝からの視聴であった。スタート直後に不可解なタイムロスがあったが、直ぐに体勢を立て直しオランダに次ぐ2番目のタイムで決勝に進んだ。

 

 オランダとの決勝戦では途中後れを取ることがあったが、終盤の追い上げで大差をつけて勝った。オリンピック新記録であった。個々の実力ではオランダが上回っていたが、一糸乱れぬチーム走法による勝利は見事と言うほかはない。

 

 因みに、女子パシュートの滑走距離は2400m、優勝タイム253秒89 は平均秒速13.8m。これは女子1000mの優勝タイムの秒速13.5m、女子500mの優勝タイム13.54mよりも早いのだ。スピードスケート競技は如何に空気抵抗との戦いであるかが分かる。

 

 このチームには高木菜那・美帆姉妹が含まれる。両者ともに優秀なアスリートである。それだけにライバルでもあった。嫉妬や羨望もあり必ずしも仲良し姉妹ではなかった時期もあったようだが、パシュートのチームを組むころにはお互いを認め合うようになったという。そしてチーム力を磨いた結果が平昌オリンピックの金メダルに結実したのだ。

 

最後の金はほんの一部の人しか予想だにしてなかっただろう。女子マススタート、高木菜那の金メダルである。そんな競技がある事さえ知らなかった。平昌オリンピックで初めて知った人が殆どではなかろうか。

 

ルールもテレビ中継でのアナウンサ-による説明を聞きながら理解した。高木菜那はルールを熟知し、体験も重ね、最も試合巧者であった。それは結果論であり、決勝のレースでは、小さな菜那が大きなヨーロッパ選手の中に見え隠れして、はなはだ頼りなげだった。

 

ところが終盤も終盤、突然のように先頭集団の中に現れ、後ろにぴったり付けていた先頭のオランダの選手が外に膨らむすきにトップに立ち、追い迫る2位以下をしっかり押さえ、素晴らしい滑りでゴールを通り抜けた。

 

彼女の頭脳プレー。まず準決勝で最も楽に決勝へ進める道を選んだ。ルールを熟知し、経験にも学んでいたに違いない。また決勝では、最終的にトップに立つであろうオランダの選手をマークし、その後ろに終始ぴったりと付き風除けとし、最後のカーブで膨らむことも予想し、内を突き、更に内を突いてくる韓国選手をガードするという最高の形を作った。これまた見事であった。




コメントする


(スタイル用のHTMLタグを使えます)
 
 

March 2018

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー