社長の日記

2018年1月

2018年1月29日

医学は科学か(S.Y)

| コメント(0) |

 医学の進歩は著しい。今後20年以内にガンは克服されるとか、人類は30年以内にあらゆる疾病から解放されるとか言われたりする。近い将来に月への旅行が可能かもしれないが、ガンの克服やあらゆる病からの解放などはあり得ないと思う。    医学もサイエンスの内のように見做されている感があるが、ロケット技術などとは比較はできない。人の体は想像以上に複雑で、ロケット工学のようには扱えない。因果関係が物...

>>この記事へ

2018年1月25日

10代の台頭(M.N)

| コメント(0) |

 卓球の全日本選手権男子シングルスで、男女を通じて史上最年少で日本一に輝いた14歳の張本智和選手。試合中は「チョレイ」という雄たけびが目立つが、優勝を決めたときはラケットを静に台に置いて、コーチである父に駆け寄った。心の底からの歓喜の瞬間は、やはり声が出ないということだろうか。    今大会は10代の台頭が目覚しかった。女子シングルス決勝は17歳同士の対戦。これを制した伊藤美誠選手はダブ...

>>この記事へ

2018年1月18日

やぶ入り(M.N)

| コメント(0) |

もう死語になっただろうがきょうは「やぶ入り」。奉公人が正月と盆の16日前後に、主家から休暇をもらって親元などに帰る日である。江戸に始まる風習は現在なら落語で聞ける。    男親は息子が久しぶりに帰ってくるので落ち着かない。うまいものをいろいろ食べさせたい。あちこち連れ歩きたい。そこへ帰ってきた息子は、立派に成長しており、父親は奉公先にこんな感謝の念を抱く。    「こんなに大き...

>>この記事へ

2018年1月16日

日本酒(S.Y)

| コメント(0) |

和食には日本酒が合う。日本酒にも様々な種類がある。また様々な歴史もある。 昨今では女性や外国人に好まれるような日本酒も多く出現している。いわゆる吟醸酒である。吟醸酒は明治時代から造られてはいたそうだが、当時は水っぽくて不味いと言われ多くは造られなかったようである。   昭和50年代から市販されるようになり、フルーティーで飲みやすいと云う事で、女性や日本酒離れしていた若者にも広がり始めた。...

>>この記事へ

2018年1月11日

新年(M.N)

| コメント(0) |

  おめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。   正月というとその昔、たこ揚げ、かるた捕り、羽子板が遊びの"三強"だった。そのほかにも双六(すごろく)とか福笑いいというのもあった。  今の子どもたちはどうなのだろうと思い、孫二人に聞いてみると「福笑い?何それ」、「双六なんてつまらい」と予想通りの答えが返ってきた。では、何をして遊ぶのかというと、「スマートフォン...

>>この記事へ

2018年1月 9日

雪の思い出(S.Y)

| コメント(0) |

   それはある地鎮祭の日だった。建築主が山岳信仰者で、お祓いに御岳山から山伏を呼んでいた。その日は相当の大雪だった。新幹線が不通になってしまって、山伏がなかなか到着しない。雪の中、猛烈な寒さの中、3時間も待ち続けたのだった。   また、ある年の1月15日、その日は大事な顧客の告別式が予定されていた。前の晩から大雪の予報だったので、電車が不通になる事を思い、前の晩は川...

>>この記事へ

February 2018

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

カテゴリー