社長の日記

2017年12月 7日

官僚(M.N)

| コメント(0) |

 野武士のような役人だった。仕事にはとことん情熱を傾けた。偉い人にこびへつらったりしない人だった。おかしいと感じたら、たとえ相手がトップだとしても詰め寄る 「大臣、それでもあなたは実力者なんですか」

 

 通商産業相 (現経済産業省) の事務次官を務めた 「ミスター通産省」 佐橋滋さん。城山三郎さんの小説 「官僚たちの夏」 の主役、風越信吾 のモデル。食ってかかった相手の大臣とは、佐藤栄作元首相。

 

 佐橋さんは 「人事の佐藤」 といわれた元首相の手法についてこう述べている。「自分にシッポをふるヤツを上げていった」。 つまり自分のための人事だったと。また人事は 「下手に使うと暗黒時代になる」 とも言う。

 

 未来を見越していたかのような言葉である。官邸に人事権を握られ、ご意向に逆らえぬ今の官僚。退官後ようやく自由に物申すと、今度は「なぜ在職中に言わなかった」と責められる。




コメントする


(スタイル用のHTMLタグを使えます)
 
 

December 2017

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー