社長の日記

2017年12月

2017年12月25日

財布の中(M.N)

| コメント(0) |

 福沢諭吉さん、樋口一葉さん、野口英世さんが財布の中に顔をそろえたのは給料日直後だったことを懐かしく覚えている。  しばらくすると福沢さんが抜け、樋口さんが野口さんに替わり、野口さんも人数が少なくなる。若い頃の財布の中を思い出す。    13年前から、一万円札(福沢)、5千円札(樋口)、千円札(野口)の新紙幣流通がはじまった。デビューが同じ3枚は仲がいい。その4年前に登場した二千円札は、...

>>この記事へ

2017年12月18日

師走(S.Y)

| コメント(0) |

    師走の定番は忘年会とクリスマスパーティーだ。 忘年会の歴史は古く鎌倉時代とも室町時代とも言われるが、現在のような形になったのは明治時代からのようだ。忘年会とは文字通り解すれば年を忘れる会であるが、現在では単に1年の終わりというような単純な意味合いを持つものが多い。   会社を含め各種団体が行うものと個人的な集まりで持たれるものとがある。酒席となる事が多いが、日...

>>この記事へ

2017年12月13日

日馬富士の引退(M.N)

| コメント(0) |

  日本が高度成長の波に乗って走り出したころ、大人から子どもまで誰もが夢中になったスポーツはプロ野球と大相撲だったように思う。大相撲なら、まずは栃若時代の到来だろう。    ‟マムシ" と異名をとった栃錦のしぶとさと‟土俵の鬼"初代若乃花の取組は目の肥えたファンをくぎ付けにした。若乃花は軽量だったが、俵に足が掛かれば、根が生えたように動かない。「かかとに目がある」。そんな称賛の...

>>この記事へ

2017年12月 7日

官僚(M.N)

| コメント(0) |

 野武士のような役人だった。仕事にはとことん情熱を傾けた。偉い人にこびへつらったりしない人だった。おかしいと感じたら、たとえ相手がトップだとしても詰め寄る 「大臣、それでもあなたは実力者なんですか」    通商産業相 (現経済産業省) の事務次官を務めた 「ミスター通産省」 佐橋滋さん。城山三郎さんの小説 「官僚たちの夏」 の主役、風越信吾 のモデル。食ってかかった相手の大臣とは、佐藤栄...

>>この記事へ

2017年12月 4日

歩道を走る自転車(M.N)

| コメント(0) |

 毎日、ウオーキングを健康維持のために楽しんでいる。ところが、 歩道を走る自転車が気になる。危険な車道を避けて、やむを得ず、 歩道を走っているのだろうが、自転車は車道の走行が原則だ。    歩道では歩行者が優先だ。例外的に歩道を走行する場合も、車道 寄りを徐行する必要があるはずだ    特に、スピードを緩めずに追い抜く自転車には、ヒヤッとさせられ る。歩道を走る場合は少なくとも...

>>この記事へ

January 2018

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー