社長の日記

2017年4月27日

固い絆(M.N)

| コメント(0) |

 東日本大震災後、多くの歌手が被災地を訪れ、励ましている慰問

ステージで、目を潤ませて聴き入る被災者の姿に、歌の力を実感。

テレビから流れる八代亜紀さんの「舟歌」にはしみじみした。

 

 熊本県八代市出身。九州新幹線の全線開業セレモニーを翌日に控

えたその日、熊本入りした八代さんは、ホテルのテレビで大震災を知り

衝撃を受けたという。以来、何度も被災地を訪問し、貫禄の歌声で

被災者を励ましてくれている。

 

 1年前、八代さんの古里を大地震が襲った。新幹線が脱線するなど

インフラは寸断され、犠牲者は関連死を含めて200人超。みなし仮設

で独り暮らしをしていた男女10人以上が亡くなっていたことも分かった。

 

 被害者の孤立の深まりが懸念されている。この問題は阪神大震災後

にクローズアップされ、見守りの充実など対処の必要性が叫ばれていた。

だが東日本の被災地で悲劇は繰り返された。そして今、熊本でも・・・。

 

 はやってほしい歌がある。八代さんの「心をつなぐ10円玉」。

卒業間近最後の授業で、一人一人の名前を呼びながら先生がくれた

10円玉。「苦しいときには電話をかけて来い」。

心にいつも、あの日の言葉・・・

 

 しみじみ、いい歌詞だ。苦しい時、心の支えがあればこそ、人は明日

への希望を持てる。被害地同士の固い絆も、その一つであってほしい。




コメントする


(スタイル用のHTMLタグを使えます)
 
 

May 2017

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー