社長の日記

2016年11月

2016年11月28日

福田赳夫元首相の造語(M.N)

| コメント(0) |

 福田赳夫元首相は造語の名人だった。「昭和元禄」「狂乱物価」などが有名だが、記憶に残る言葉も残している。「民の声は天の声というが、天の声にも変な声がたまにある」。    首相として臨んだ1978年11月の自民党総裁選。派閥解消を揚げて導入した党員・党友による予備選で大平正芳氏に予想外の大差で敗れ、本選の辞退を余儀なくされた。自信があっただけに、悔しさもひとしおだったのだろう。  ...

>>この記事へ

2016年11月22日

介護福祉士(M.N)

| コメント(0) |

介護福祉士の資格を持つ外国人に在留資格を認める出入国管理及び 難民認定法案が衆院法務委員会で可決された。介護現場に外国人労働者を増やし、人手不足を解消することが狙いだ。    外国人の介護福祉士は現在、経済連携協定(EPA)に基づきベトナム、 フィリピン、インドネシアから受け入れているが、介護福祉士の大幅な増加には至っていない。    厚生労働省の推計によると、介護人材は団塊の...

>>この記事へ

2016年11月16日

米大統領選(M.N)

| コメント(0) |

ポピュリズムは悪い意味で用いられる。大衆迎合主義、衆愚政治を指し、政治家が民衆の人気を得て、選挙に勝つためだけに、派手なパフォーマンスや言葉で支持を広げ、本当に必要な、大事な政策を語らない。人々もそれを求めない。 米大統領選で、まさかの勝利を収めたトランプさんの手法について、ポピュリズムの最たるものだとの評があちこちから。演説の中身は、事実誤認が多く、具体策がないにもかかわらず、聴衆は熱狂する。政...

>>この記事へ

2016年11月10日

将棋界の転機(M.N)

| コメント(0) |

 将棋界が揺れている。真相はなお定かでないが、プロ棋士が対局中にコンピューターソフトを不正使用した疑いが浮上しているからだ。 将棋の世界では七大タイトル保持者とソフトとの番勝負はまだ実現していないが、人間とソフトとの対決は何度も行われ、人間を超えたとの結論でほぼ決着したと将棋界関係者の多くは認めている。 それでも対局中の棋士が席を離れることは、従来通り認められてきた。 休憩時間中に外出することも許...

>>この記事へ

2016年11月 9日

豊洲市場問題(S.Y)

| コメント(0) |

 プロジェクトを進めるにはリーダー(統括責任者)が必要である。それも名目上では無く実質の責任者だ。統括責任者のもとに専門組織が編成され、それぞれに責任者が選定される。    豊洲市場計画の最大の問題点は統括責任者不在にあると言えよう。規模の大きなプロジェクトであるから、かなり経験や能力のある人間でなければ勤まらなかったであろう。    同じ事が国立競技場計画や東京オリンピック・...

>>この記事へ

2016年11月 7日

日本国憲法(M.N)

| コメント(0) |

日本国憲法は、昭和21年(1946)年8月、帝国議会で可決され11月3日、交付された。きょう11月3日で70年になる。国民主権、基本的人権の尊重、戦争放棄・平和主義の三つが大きな柱だ。当時の毎日新聞の世論調査によると、戦争放棄の支持は70%、象徴天皇制賛成は85%に上がった。 敗戦にこりごりした国民は、戦争放棄に違和感はなく、国民主権、基本的人権の尊重とは何だと、これに驚いたようである。昭和20年...

>>この記事へ

February 2017

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー