社長の日記

2016年10月

2016年10月26日

幸せの値段(M.N)

| コメント(0) |

  「幸福な貧乏人もいれば、不幸な金持ちもいる。結局は自分が置かれた状態の中で、幸せは作りだすことができる」。苦労を重ね世界的なピアニストになったフジ子・ヘミングさんの言葉だ。 博報堂生活総合研究所が1986年から10年おきに60~74歳を対象に続けている調査で「あなたが今ほしいものは何か」との問いに、今年の調査で40,6%の人が「お金」と答え、「幸せ」と答えたのは15,7%だった。 30年前は「...

>>この記事へ

2016年10月19日

いざという時の備え(S.Y)

| コメント(0) |

 福島第一原発は全電源喪失により大事故になった。IC(非常用冷却装置)が作動していれば大事故は防げたかもしれない。ところが40年間1度も使われたことが無かったため、うまく作動させられなかったばかりか、動いているか否かの判断も出来なかったようだ。   アメリカやフランスではIC装置を定期的に作動させ、その時の状態を関係者に熟知させているそうだ。ICが作動する時は轟音を発し、建屋全体が大きく...

>>この記事へ

2016年10月19日

スーパーマリオ(M.N)

| コメント(0) |

 「スーパーマリオ」は、世界を自由自在に動き回れる丸い鼻のヒゲ男。ゲームの主人公である。安倍晋三首相が扮して、リオ五輪の閉会式に登場し、4年後の東京五輪を夢のごとく、楽しげに宣伝したが、現実の五輪はマリオにあやかるわけにはいかない。    東京五輪・パラリンピックの開催費用が、新国立競技場などの建設整備、大会運営費などを合わせ、3兆円を越す可能性がある。と東京都の調査チームが先日、小池ゆ...

>>この記事へ

2016年10月15日

重なる不幸(M.N)

| コメント(0) |

 「泣きっ面に蜂」「痛い上の針」など日本のことわざ、故事成語の類にはどういうわけだか、不幸や厄災の重なった状態を示したものが数多い。 「痛む上に塩を塗る」「踏んだり蹴ったり」「弱みにつけこむ風邪の神」「弱り目にたたり目」「頼む木の下に雨漏る」「転んだ上を突き飛ばす」・・・。 まだまだありそうだが、やめておく。書いていると、その不幸に次第に腹も立ってくる。 四月の地震、夏から秋の台風、そして今度は噴...

>>この記事へ

2016年10月12日

引き際(M.N)

| コメント(0) |

  トップアスリートたちの世界ではしばしば、劇的な世代交代が起きる。新旧の実力者のバトンタッチは、勝負の世界をまるで大河ドラマように演出する。 プロ野球の長嶋茂雄氏は巨人に入団し、往年の名選手・千葉茂氏の背番号3を譲り受け、新人離れした打棒で活躍。「打撃の神様」川上哲治氏から主砲の座を奪った。川上氏は静にバットを置いた。 大相撲の貴花田(後の横綱貴乃花〕は、十代の若さで記録的ペースで出世を遂げ、前...

>>この記事へ

2016年10月 5日

首相の所信表明演説を読んで(M.N)

| コメント(0) |

 安倍晋三首相の所信表明演説の全文を、読んでみた。そのまとめで「建設的な議論を行い、先送りすることなく『結果』を出す」として、何を述べたかというと、「憲法はどうであるべきか」であった。憲法改正こそが「未来への架け橋」になると取れた。    「未来への架け橋」を言うのであれば、社会保障費問題を抜本的に考えて、特に若い世代の将来への不安を取り除いてやることだと思うが、「一億総活躍」は力説して...

>>この記事へ

January 2017

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー