社長の日記

2011年6月

2011年6月28日

脱原発で国民投票を

| コメント(1) |

 海江田経産大臣の原発の稼動を進める発言に、多くの自治体から反発の声が上がりました。賛成する首長も若干は居るようですが、反対者が圧倒的だと思われます。 一方経済界は推進派が多いでしょう。代替エネルギーが原発に取って代わることが難しいからです。 国民はどう思っているのでしょうか? 電力の供給が不足すれば、震災復興も遅れるでしょうし、その後に於いても日本の経済力がかなり落ち込むであろう事は明らかです。...

>>この記事へ

2011年6月20日

坪と平米

| コメント(1) |

日経夕刊にプロムナードという欄があり、よく読ませ貰っています。先日作家の黒川博行氏が「坪と平米」という題で書かれていました。要旨は坪でないと広さを実感できない場合と、平米で考える場合があるということでした。 実はお恥ずかしい話ですが、建築業務や不動産関連業務に長年携わっていながら、私も坪で言われないとピンとこない場合が多々有ります。その最たるものが敷地の面積や建物の延べ床面積等。それは大きさの実感...

>>この記事へ

2011年6月13日

被災時のネットワーク

| コメント(0) |

被災時に力を発揮するのは行政のネットワークである事がこの度の東日本大震災で詳らかになりました。未だに復興の兆しも見えない原因は、被災地の市町村の行政機構が破壊された事が大きいと思われます。上位の県の機構も恐らくこのような大きな災害時に備えた管理体制にはなっていなかっただろうと思います。そしてそれらを統合する国の態勢も真にお粗末な様相を呈しているのは周知の通りです。 復興に対しては国を頂点とした行政...

>>この記事へ

2011年6月 6日

「美しい日本」を取り戻すには

| コメント(0) |

「美しい日本」が失われつつある事に憂いを持っている人は大勢居ると思います。先週ご紹介した「美しい日本をつくる会」の人たちもそうです。志には共感できるものが有りましたが、考え方に同意できませんでした。 日本の相続税の制度が美しい里山や田畑を破壊して来たと主張する人がいます。 高額な相続税を払うために、親の残した森林や田畑を切り売りしなければならない状況が多く見られます。売られた土地は宅地になったり工...

>>この記事へ