社長の日記

2010年5月

2010年5月31日

幸福度

| コメント(0) |

敗戦により多くの国民が食べる物も住む家も失いました。 その後懸命な努力により、奇跡的とも言える復興を遂げました。その事に対して非難する者は無いと思います。 しかし、世界第2位の経済大国になってからも、GDPを追い続け、効率ばかりを求める姿勢には批判の声が上がるようになりました。 市場万能主義に「神の手が宿る」などとはとても思えません。格差拡大・家庭崩壊・教育荒廃等々、様々な歪が生じています。 「日...

>>この記事へ

2010年5月24日

裁判の歴史

| コメント(0) |

ブログを始めて1年が経過いたしました。早いと言うか、長かったと思うか、微妙なところです。文章は苦手ですのでいつまで続くか不安もあります。 ところで、裁判員制度が始まってからも丁度1年経ったそうです。 最近では裁判に訴えるケースが増えているとは言え、大部分の日本人は裁判に余り馴染みはないでしょう。従って裁判の仕組みにも詳しくはないし、増して裁判の歴史などに興味を持つ機会も少ないと思います。私も「裁判...

>>この記事へ

2010年5月17日

歴史の勉強

| コメント(0) |

新政権では高等学校での教科において日本史を必須科目にする案が浮上しています。大賛成です。私は高校では2年のときに日本史を選択しましたが、熱心に学んだのは1学期だけでしたので、せいぜい鎌倉時代までしか記憶に残っていません。理系コースでしたので、大学入試でも選択だし、興味も低かったため、熱が入りませんでした。 特に近代史については全く弱く、靖国問題が浮上したときに、俄か勉強をしましたが、余りにも知らな...

>>この記事へ

2010年5月11日

仮説

| コメント(0) |

『99.9%は仮説』(竹内 薫著・光文社新書)の中で著者は、「世界は仮説でできている」と述べています。すなわち世の中の通説も常識もすべて仮説でしかないと云う事です。 従って何時ひっくり返るか分からないのです。典型は、天動説が地動説に、ニュートン力学が相対性理論に覆されました。現在でもいろいろな「常識のウソ」に類する説が唱えられています。『傷はぜったいに消毒するな』(夏井 睦著・光文社新書)は目から...

>>この記事へ

2010年5月 7日

人間力

| コメント(0) |

企業を経営して行く上でもっとも大切な要素は人間力です。 人間力は大きく分けて次の四つに分けられると思います。 資質・体力・気力・能力です。  資質とは持って生まれたもので、性格・個性・傾向性・嗜好etc。これらは簡単には変えられないので、長所を伸ばし短所は抑える努力が望まれます。当社では出来るだけ適材適所を心掛けています。  体力は特別のものは必要としませんが、精神的にも肉体的にも健康である事が求...

>>この記事へ

2010年5月 4日

「あさくらかい」

| コメント(0) |

毎月第4土曜日の午後、橘通りにある「あさくら」と云うお寿司屋さんで、囲碁好きが集まって碁会を開いています。「あさくら会」と称します。 先日、あさくら会の会長が亡くなりました。享年92歳。昨年の暮れまでは元気に打っておられました。 歳に不足は無いと言っても良いでしょうが、青春の20年間を戦争に取られたことを考えると、もうしばらく楽しんで頂きたかったと思います。 会長は、昭和13年から戦地に駆り出され...

>>この記事へ